もっともっと、良くしたいから、
トイレシーツの品質改善をしました。


 2009年のはじめ頃です。トイレシートについてあるお客様から少し炭の色や、シート自体が薄くなった気がする、というお声をいただき、すぐに確認しました。
原因としては、炭は自然の物であるので時に薄くなってしまうことがあることや、シートのプレスの圧力の調整によっては、シートがつぶれて薄くなってしまうことなどの原因を追究することができました。

そして、2010年末に「カーボンシーツ スタイリッシュBOX」の中身をより厚みのある、炭入りシーツに改善。
主な改善点としては、以前より、シート表面のふわふわ感が増し、吸収ポリマーをシーツ全体に行き渡るようにしました。
それから、プレスの圧力を全体にかけるのではなく、模様のようにプレス跡を残すことによって、ぺったんこにならないようにしました。

また、このプレス跡は、犬がおしっこや排便をするときに、シートの感触を認識し易い設計にもなっています。
見た目にも炭が色濃く、濡れた部分がやや黒くなるので、おしっこが黄色く残らず、非常にクオリティーの高さを感じる仕上がりになりました。



 そして、BOXのリファイルである「カーボンシーツ 詰め替え」も同様、資材自体を替えて品質改善を行うこととなりました。
2011年7月現在までは、BOXタイプと、詰め替えタイプとで、差別する意味もあり、詰め替え用においては、裏側のポリマーを抑えている資材がブルーのシートを採用してきました。
お客様には「詰め替えもBOXと同様の白いシーツにしてほしい」という声を多数お寄せていただいておりましたが、このブルーのシーツは、製造工場で大量にストックしている資材を汎用品として採用していたものです。

このような製造上での理由により、小ロット生産の為にわざわざ白いシーツに変更して製造することができなかったため、このようなディテールを残さざるを得ないということだったのです。
しかし、この度の品質改善に伴い、スタイリッシュBOXと同様、晴れて詰め替え用も白いシーツに改善をし、7月末日より順次切り替えとさせていただくことになり、品質やディテールともに、皆さんにご満足いただけるものとなりました。
また、余談ですが、いままでの業界的な常識として、おむつやトイレシートに清潔感を感じさせるためのブルーの着色が一般的な資材として使われていた背景があります。
ですが、今後は今回採用されている白いシーツが一般化され、様々なメーカーで作るシーツが同等のディテールに変わってくることと思います。

 このように私たちは、プロダクトにおいての品質の改善や、サービスにおいてもっと良くするための見直しを常日頃から行ってきています。

また、パートナーショップCHUPS STOREをクローズし、オフィシャルの当ストアのみでの販売に切り替えたことで、出店コストを抑えるかわりに、様々な商品のさらなる品質向上を図りました。
トイレシート以外では、無添加おやつクラフトシリーズは、パッケージをシンプルに合理化することで、中身をより高品質の物へと改善するなど、いままでと同等の価格で、より良質の確かな物をお届けできるよう、常に品質向上と改善に努めています。

犬とオーナーにとって、最良の物をお届けする、これが私たちの使命です。





品質だっておスミつき

 肝心な消臭効果と製品スペックについては、愛犬チャンプ編集部(芸文社)が行った、他社との比較検証によれば、臭いレベルの平均値が、どのシートより下回っていることや、おしっこの広がりなどを抑える構造が非常に高い評価を得ています。
検証結果は、画像をクリックしてご覧ください。

このように、ケースバイケースでオーナーさんのライフスタイルにより、様々な特徴を持つシーツと使い分けていただければと思います。
留守番の時間が長く1日に1回しか替えられない。というケースや、2〜3回くらいは同じシーツを使いたい、夏場などとにかく臭気が気になるという場合、weのトイレシーツは必ずやご満足いただけるシーツです。
さらに、1枚あたりの単価からすると少々割高感はあるものの、何度も交換してゴミが増えてしまうこともありませんし、その手間もありません。
結果、1日あたりで換算すれば割安になっているはずです。
お財布にも、地球環境にもやさしいエコロジーなシートです。







ご注文はこちらから

今回、フチを白いシートへとリニューアルしたリファイルタイプ。
スタイリッシュBOXの詰め替え用としてはもちろんのこと、インテリアを邪魔しないシンプルなパッケージが好評です。

段ボール職人と何度も試作を重ねて作ったスタイリッシュBOX
ちょっとビニール袋を入れておきたいときとか、消臭スプレーをBOXの中に忍ばせておいたりと、収納ケースとしても非常に優秀な箱です。
詰め替えと併せてどうぞ!