• we dog&cat home furnishing
  • 犬や猫と暮らす人のためのライフスタイルショップ
ようこそ ゲスト さま

野田琺瑯
ホワイトシリーズ ラウンド

野田琺瑯 White Series Round

食材を清潔に保存できるラウンドタッパー

犬や猫のフードボールとして気軽に使えることに着目して作った「BOWL & STAND SET」は、ホワイトシリーズのボール直径12cm(Sサイズ)16cm(Mサイズ)20cm(Lサイズ)がセットになっています。
そして、こちらの保存容器「ラウンド」も、12cmをSサイズに。16cmをMサイズのスタンドとあわせてお使いいただる設計になっています。

琺瑯という素材を特におすすめしたいのは、犬や猫の食事と相性ぴったりな点が多いから。

琺瑯は、金属にガラスをコーティングして作られています。
熱と水、衝撃に強いという、金属の良いところと、腐食、抗菌、紫外線による退色・劣化がないという、ガラス製品の良いところを合わせ持ったハイブリッド素材です。

そのため、生肉の保存にも最適ですし、凍ったままのお肉や氷を入れても、熱々のスープを注いだりしても問題なく使えますから、ボウルの中でちょこっと調理したら、そのままお皿として出しちゃえてとても便利です。

傷がつきにく対衝撃性を持っているので、片付けも楽々。

容器ごと冷凍保存もできますし、ホワイトボードマーカーなどで日付や食材名など直接書き込んでおけば、小分けにした食材の日付管理も◎

冷凍保存したものをそのまま冷蔵庫へ移しておけば、衛生的に自然解凍できて安心ですし、忙しい朝もフタをあけるだけで、おいしい手作りごはんの出来上がり。
とっても便利なので、ぜひお試しください。

もちろん、人用のキッチンウェアですので、各サイズ用途に分けてお使いいただいたり、手作り食に限らずドライフードやお水入れにも。

まさに犬や猫と暮らす人のためにおすすめのシリーズです。



(*)こちらのラウンドは、12cmと16cmを、それぞれSサイズ、Mサイズのスタンドとあわせてお使いいただけます。(>こちら
ボールシリーズとは、取り扱いのサイズ展開が異なりますので、ご注意ください。


セット内容
ラウンドボール(ホワイト)
シール蓋
サイズ/重量/容量
12cm:W13.5×D13.5×H5.3cm
  200g/540CC
14cm:W15.6×D15.6×H6.4cm
  310g/800CC
16cm:W17.9×D17.9×H7.3cm
  385g/1300CC
カラー
本体:ホワイト/シール蓋:透明
素材
本体:ホーロー/シール蓋:EVA樹脂
生産国
日本
配送区分



<ご予約品について>
※本製品は、2020年1月20日以降に出荷予定のご予約品となります。
ご注文のお品物は、特にご希望なき場合、すべての商品が揃い次第まとめての発送となります。
その他の商品とご一緒にご注文で、先の到着を希望される場合は、備考欄にご明記くださいますようお願いいたします。
※※別送の場合、送料はお荷物毎の計算となります。
備考
ガス火・IH電磁調理器・オーブンなどで使用できます。電子レンジには使えません。
尚、IH電磁調理器については、製品の仕様ごとに使用の可・不可がありますので、(―社)日本琺瑯工業会の定める安全マークをご確認ください。
衝撃や落下があると、表面のガラス質にヒビ割れや破損が生じますのでご注意ください。
金属製のタワシや、研磨剤の使用はお避けください。
火にかけて使うものについては、空焚きをしないように注意してください。
洗浄後は水分を拭きとり乾燥させてください。

ー 製品のお手入れ
ご使用後は、中性洗剤とスポンジで洗い、水気をよく拭き取り乾燥させてください。
お湯を沸かすのみでつかうケトル・ポット類についても、水中に含まれる蒸発残留物(カルシウム、マグネシウム等)の蓄積を防ぐ為日頃から洗浄が必要です。


ご注意
琺瑯には工程上、鋼板の切断部にあたる端部(フチ部など)や、焼成時に、吊り具で吊るした吊り跡・置き跡等、釉薬がかかりきらない箇所があります。
又、衝撃や落下などで表面のガラス質が欠けた時には鉄地(にぶい銀色)が露出することがあります。
このような箇所は、水分や酸、塩分が付着したままの状態にすると、サビが生じます。
※製品の形状上、端部や吊り跡は外面にあるものが多いですが、ケトル・ポットの場合は、内面の注ぎ口付け根部の穴のまわりが鋼板の切断部になる為、サビやすい箇所となります。
鉄サビですのでご安心いただけますが、防止するためには、ご使用後は水分を切り、乾燥させてください。
品番
101029
価格
1,400円(税込1,540円) 〜
サイズ
購入数

CUSTOMERS ALSO LOVE

いつもの毎日が、かけがえのない毎日であるために・・・