ようこそ ゲスト さま

クリッカー
ACME CLICKER

Acme Clicker 470

ゲーム感覚ではじめるドッグトレーニング

Acme Whistlesは、イギリスで1870年から続くホイッスルメーカーです。
さまざまな種類の犬笛や、イングランドのプレミアリーグなど数多くのスポーツで使われるホイッスルを作っています。

そんな伝統あるメーカーが作る、クラシックスタイルのクリッカー。

このクリッカーをはじめてみた時の衝撃は、今でも忘れません。

シンプルで無駄のないデザイン。
プラスチックを使わない、真鍮×スチールのみの金属製。

私たちが作るGOOD MANNERS DOG SERIESのプロダクトとも、抜群の相性でお使いいただけるものだと、ひと目見て惚れ込んでしまいました。


クリッカーはプロが使うものと思われがちですが、ゲーム感覚でお互いに楽しんで取り組めるため、可愛いトリックや覚えさせたい仕草、はたまた困った行動の矯正に、家庭でも取り入れやすいトレーニングです。

■クリッカートレーニングとは・・・

押すと「カチッ」と音のなる手のひらサイズの小さな道具、クリッカー。
クリッカートレーニングは、このツールを用いて、動物とコミュニケーションをとりながら、楽しく学習していくトレーニング方法です。

例えば「おすわり」を覚えさせたい時、おすわりをしたその瞬間にクリッカーを鳴らしておやつを与えることで、犬自身の考える力を伸ばしてその行動を増やしていきます。

このクリッカートレーニングの最大の魅力は、動物に対して「良いこと」「正しいこと」や伝えたいコマンドを、楽しく学習させていくことです。
動物が自発的にトレーニングに参加することを促すので、強制的に何かをさせる必要はありません。

「罰」や「叱り」を使うことなく指示を伝えられるクリッカーは、イルカの調教をはじめ、世界中でさまざまな動物に対して取り入れられています。

なぜ、さまざまな動物のトレーニングにこのクリッカーが使われているのか?
その理由には、声や笛などで合図をするよりも、素早く音を鳴らせることがあげられます。

「正しいこと」をした時に鳴る音が早ければ早いほど、動物に「行動」と「音」、それから「結果(報酬)」の関連性を伝えやすくなるからです。

はじめよう!クリッカートレーニング

STEP.0 トレーニングの準備をしよう!

クリッカートレーニングを行う前に、あらかじめ使用する道具を準備しましょう。

<用意するもの>
・クリッカー
・トリーツ(おやつまたはフード)

<トリーツの選び方>
・大きさの目安
  小型犬・・・小指の爪半分ほど
  中型犬・・・小指の爪ほど
  大型犬・・・小指の爪よりも大きいもの
・基本的には、犬が喜んで食べるものを用意しましょう。
・おやつはすぐに飲み込めるものを選びましょう。
 硬すぎたり、柔らかすぎたり、口の中に残るものは避けましょう。

■ POINT
トリーツはすぐに与えられるようにしよう。
トリーツポーチ、ポケット、フードボウルに入れるなどして、すぐに取れる場所に用意しましょう。

>> トリーツポーチは、こちら

おやつの与えすぎには注意しよう。
大きさに気を付けること、短い時間で集中して行うことなどで、1日の摂取量を守っていきましょう。

>> おすすめのひとくちトリーツは、こちら

大きさの目安を参考に、小さくカットして使うのがおすすめです。

STEP.1 チャージングしよう!

クリッカートレーニングではまずはじめに、動物に「チャージング」を行います。

チャージングとは、「クリッカーの音=報酬の合図」ということを動物に関連付させることです。
ここではまだ、何かの指示や声掛けは行いません。
はじめにこのチャージングをすることで、クリッカーの音=『正解の合図」という図式を作っていくことができます。

<チャージングの方法>

  1. ① クリッカーを鳴らす
  2. ② おやつを与える
  3. ③ くりかえす


チャージング時に、犬はおすわりやふせをしている必要はありません。
また、人間に注目している必要もありません。

10回ほどこの流れを繰り返すと、クリッカーを鳴らした時におやつがもらえることを予想して、理解するようになります。

そうしたら、今度はクリッカーを鳴らした後に、おやつをすぐに与えずに待ってみましょう。

「あれ、おやつがもらえないぞ?」というような態度を犬が見せたら、チャージングが完了している証拠です。
犬におやつを与えてチャージングを終了しましょう。


■ POINT
おやつを取り出すタイミングは、クリッカーを鳴らした後にしよう。
クリッカーを鳴らすよりも先におやつを持ったり取り出そうとすると、動物はクリッカーの音に集中できなくなってしまいます。

1クリック=1おやつを徹底しよう。
報酬がもらえないと、クリッカーの音に意味がなくなってしまいます。
クリックしたら必ずおやつを与えましょう。
間違ってクリックした場合にも、必ずおやつを与えます。

STEP.2 犬に「おすわり」を教えよう!

チャージングができたら、犬に行動を教えてみましょう。

最初からおすわりの完成形を望むのではなく、最初はおやつなどで誘導して、おすわりの形までもっていくようにしていきます。

<おすわりの教え方>

  1. ① まずは、手の中におやつを握り、犬の鼻先にもっていきます。
    犬が手の匂いを嗅ぎ始めたら、犬の鼻先から頭の後方へ手を動かします。
    手の動きにつられて頭が上がると、自然とお尻が下がって地面につき、「おすわり」の状態になります。
    お尻が地面についた瞬間にクリックして、おやつを与えましょう。
  2. ② 手の動きでスムーズにお尻がつくようになったら、おやつを後出しにしてみます。
    今度はおやつを握らずに、①と同じように手を動かします。
    犬のお尻が地面についた瞬間にクリックして、おやつを取りだして与えます。
    おすわりすることでおやつが貰えると理解すると、おやつを持っていなくても指示に従うようになります。
  3. ③ 手の合図を教えましょう。
    ②がスムーズにできるようになったら、手の合図をつけていきましょう。
    例えば、人差し指を見せる合図を使いたい場合には、②の動作の後に手の合図を加えます。
    いきなり②の動きを抜いてしまうと犬が混乱してしまうため、「②の動き+新しい手の合図 」とすることがポイントです。
    ここまできたら、ほとんど完成。
    スムーズにできるようになったら、「おすわり」という声の合図もつけていきましょう。


■ POINT
動物が望まない行動をとった時
こちらが望まない行動をとったとしても、決して動物を叱ったりしないでください。
そういう場合にはトレーニングを終了するか、クリックせずに待ちましょう。
あなたの望む行動をした時にクリックしておやつを与えれば、自然と良い行動が増えていきます。

トレーニングは短く行う
トレーニングは調子の良い時に終わるのが鉄則です。
動物の集中力は長くは持ちません。
最初は長くても5分以内で終えるようにしましょう。



「トレーニング」というと、難しいもの、プロに頼むもの、と思ってしまうかもしれません。

ですが、トレーニングをコミュニケーションや遊びの1つと捉えて家庭で取り入れることは、犬のためだけに限らず、オーナーさんにとっても、自分の愛犬をより深く理解する最良の機会となるはずです。

こういったトレーニングツールを上手に取り入れながら、お互いに楽しんで、一緒に出来ることを増やしていく。
そんな心持ちでチャレンジして、愛犬との絆を強めていきましょう。

サイズ
5 × 2.5 × 1.5 cm
素材
真鍮、スチール
生産国
イギリス
配送区分
備考
*ご使用により、錆が出てくる場合がありますが、素材の特性上ご理解ください。
ご使用後は、汚れを拭き取ってからの保管がおすすめです。
品番
114110
価格
3,600円(税込3,960円)
購入数

CUSTOMERS ALSO LOVE

いつもの毎日が、かけがえのない毎日であるために・・・