• we dog&cat home furnishing
  • 犬や猫と暮らす人のためのライフスタイルショップ
ようこそ ゲスト さま

GRAMP
もしも、にそなえる
リュック型キャリーバッグ

2016年度グッドデザイン賞受賞
LEONIMAL リュック型ペットキャリー GRAMP

明日、来るかもしれないその時に・・・

3.11の記憶を遡ると、今でも忘れることのできない光景が目の前に広がります。
復興、復旧も半ばに、御嶽山の噴火、広島、関東北部、九州北部など全国各地で豪雨災害が相次ぎ、そして起きてしまった、2016年の熊本地震。

ここは大丈夫・・・
そんな根拠のない期待は、消え去って行ったように思えました。

実は、ちょうどその同時期に「いっしょに逃げてもいいのかな?展」が開催されていて、防災グッズコーナーにweオリジナルリードも展示いただいたことがきっかけで出会ったのがこのリュック型ペットキャリー「GRAMP」でした。

自宅にいるときのハウスとしても、外出するときやキャリーとしても、普段使いをしながら、いつかの日を忘れることなく備えることができる素晴らしいキャリーです。

日常の中でなんとなく埋没してしまっていると忘れてしまうのが災害への意識、
考えたくはないけれど、目を背けてもいけない現実でもあります。


「GRAMP」と共にペットとの平穏な毎日を過ごすことは、ふとした瞬間に明日くるかも知れないもしもの時を考えるきっかけになる。
心の備えこそが、私たちを災害から守る最大の手段。

2020年、日本のどこにも大きな災害が起こらないことを何よりも願いつつ。




いっしょに逃げてもいいのかな?展 @埼玉県入間市

ペットと人の防災を考えるイベントを開催します。
会場にて「GRAMP」と、犬と猫と暮らす人のための防災セット「備袋 2020」の展示販売を行います。

会期:2020年1月9日(木)〜1月19日(日) 11:00-17:00
会場:guzuri 珈琲店 埼玉県入間市東町1-3-9 ジョンソンタウン1123
入場料:無料

内容:「ペットと人の防災」をテーマに、災害時に犬や猫を守り、自分たちはどのような行動をしたらいいのか? 避難所へのペットの同行避難とは? など、災害への心構えを考えるイベントです。

https://leonimal.aisocial.jp/bo-sai/

*終了いたしました。たくさんのご来場、誠にありがとうございました。
本品は好評につきオンラインストアにて継続販売。ご注文後、2-3日で出荷いたします。

サイズ
W41.5×L30×H42
(折りたたみ時)


付属品
ケージ用アーム ×2
ショルダーベルト ×1
布(150×150cmサイズ) ×1
底敷き ×1
取扱い説明書 ×1


重量

耐荷重
約3.3

10kgまで(6.7kgまでのペットを想定)
素材
ポリエステル100%、PVCコーティング
生産国
中国
企画デザイン 日本
配送区分
備考
※ジッパー付きの収納ポケットは4箇所ついています。
※ペットの出入口は2ヶ所となります。
※給水穴付き(給水ボトル、給水ノズルは付属しません)
※底敷きのカバーは取り外し・洗濯可能です。
※本製品は耐荷重10kg(荷物含む)の小型犬・猫用の災害時の移動用リュックです。
※使用中にバックル類を外さないで下さい。確実にとまっていることを確認してください。
※車の中は短時間でも高温・低温になることがあります。ペットや本品を車内に置いたままにしないでください。
※本体底に乾燥剤が入っております。ペットの誤飲防止の為、使用前に必ず取り除いてください。
※ペット用品につき、衛生管理上、開封後の返品は承れません。ご了承下さい。
※飼い主様の監視下の元ご使用し、破損した場合はご使用を停止してください
※本体は水洗いできません。固く絞った濡れ布で汚れを拭き取った後、充分に乾燥させて下さい。

≪冬場の利用について≫
気温 0℃、湿度 15%の冬場の屋外環境を想定した環境で、GRAMPの内気温と外気温を比較しました。内気温が外気温よりも約1℃高いという結果でした。寒い時にはタオルや毛布などで内気温を調整しながら外出されることをお願いいたします。

≪夏場の利用について≫
気温30℃、湿度44%の夏場の屋外環境を想定した環境で、GRAMPの内気温と外気温を比較しました。内気温が外気温よりも約5℃も高いという結果でした。熱い日には中のペットの様子を確認しながらお使いください。GRAMPにペットを入れたまま、車の中への置き去りなどはおやめください。


納期
在庫がある場合、1-3営業日でお届け
取り寄せの場合は、納期をいただきます
品番
112012
価格
45,000円(税込49,500円)
購入数

CUSTOMERS ALSO LOVE

いつもの毎日が、かけがえのない毎日であるために・・・